お問い合わせ

地域交流スペースあけぼの

社会福祉法人 はるか

 ライクホームはるか

 

 児童養護施設あけぼの寮は、岩国市への移転後、“地域交流スペースあけぼの”と名前を変え、管理人をおくことで、情島島民の皆さんの憩いの場として、又、元寮生の思い出の場所・情島を訪れる方の休憩場所として、居心地の良い場所を目指して再始動しました。

 ご高齢の方が多いため、買い物や食料品等の提供等、日常的なお手伝いはもとより、災害時、緊急時のお手伝いをすることで、島民生活における不安を少しでも軽減できるように心がけています。

 現在、主に土日祝日に空けており、来客は3~5名/1日程度である。状況によってはいつでも利用可能であることも示しつつ、気軽に立ち寄れる場所の確立を目指したい。又、島民のニーズにあったサービスが提供できるよう情報収集にも努めたい。

2017.06.30

社会福祉法人の地域公益活動に戻る

アーカイブ
取組の対象
エリアの対象